在宅勤務とは?! どんな働き方なのか。在宅勤務について知ろう!

在宅勤務とは?!

在宅勤務とは、ある企業に所属してる者が、そのオフィスに出社はせずに、自宅を就業場所として勤務する形態のことを言います。

テレワークでは、オフィスから離れた場所でオフィスと同じように働く方法をテレワークと言いましたが、在宅勤務とは、その中のひとつで自宅でオフィスに出社せずにインターネットを利用してやり取りしながら勤務する形態の事です。

在宅勤務のメリット

在宅勤務のメリットとは何でしょうか? 考えてみましょう。

通勤しなくてもいい

毎日、決められた時間に電車に乗りオフィスへ出社しなくてはならないのは、苦痛と感じる方もいるのではないでしょうか。特に女性の方は、毎日の電車で痴漢に遭わないかと不安になりながらも苦痛に耐えて出社されてる方も多いことでしょう。

自分の自宅で勤務する事のメリットをあげると、特に小さな子供をお持ちの方にはメリットがあるかも知れません。子育てを両立してる方なら、自宅での勤務はメリットと言えるでしょう。

心の健康が保てる

オフィスへ毎日出社をするといろいろな方との出会いがあることでしょう。その中で嫌なことがあったり、心を痛めてしまうこともある事でしょう。しかし、自宅での勤務ならストレスを感じる事は、ほぼゼロに等しいと言えます。

インターネットでのやり取りで嫌なことがあるかも知れませんが、それ以外は自宅で集中して仕事に打ち込めるので頑張れるという事でメリットは大きいと思います。

優秀な人材が確保できる。企業側のメリット

これは在宅勤務してる方のメリットではなく、企業側のメリットになりますが、優秀な人材を確保できる可能性があります。なぜなら、全国のどこにいても在宅勤務ができるからです。インターネットを利用しての勤務になるわけで、何もオフィスの近くに住む必要はありません。

そのために、全国にいる優秀な人材を確保することが出来るという企業側のメリットがあります。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務のデメリットを知って、より良い在宅勤務になるように努めて頂きたいです。

家族共有なので機密情報が漏洩しやすい

自宅でインターネット接続をするので、家族共有してる場合が多いと思います。その場合に、企業の機密情報が家族に漏れて漏洩につながることもあります。そのために、セキュリティ対策はしっかりとしておく必要があるでしょう。

在宅勤務で使うパソコンは、家族と共有してるパソコンとは別のパソコンを使うなどの配慮が必要となります。また、家族と共有パソコンでも機密情報などを入れてる場所に鍵をかけるなどの配慮が必要でしょう。

自宅なのでプライベートと仕事との分別がやりずらい

オフィスへ出社しての仕事なら、頭が切り替わって仕事モードで頑張れると思いますが、自宅だとプライベートと分けることが難しくなる場合があります。頭が切り替わってやることが出来れば良いのですが、近くに家族がいると集中できなくなる場合があると思います。

そのために、家族とは別の部屋を作るとか工夫が必要になってくるでしょう。

まとめ

在宅勤務とは、テレワークの働き方のひとつで、自宅を就業場所としてインターネットを利用してやり取りをしながら働く方法です。そのために、通勤をする必要もないので自宅でそのまま勤務に入れます。

特に女性にメリットがあると思われます。通勤による痴漢などの不安がなくなる。子育ての両立が自宅なら出来るなどと女性にメリットがあるように思われます。

男性も痴漢を疑われることもなく、子育てで家族に協力して出来るところもメリットでしょう。逆にデメリットは、家族がいるためにだらけて集中できない可能性もありますし、家族に企業の機密情報が漏洩する可能性もあります。

デメリットに関しては、対策をすれば解決できると思いますので頑張っていただけたらと思います。