テレワークのメリット 通勤が苦痛な方もテレワーク導入で仕事が楽しくなる

テレワークのメリット

これから多くの企業がテレワークの導入をすると思われますが、そのメリットについて考えてみましょう。テレワークは導入が大変だとか、テレワークの導入は難しいと考えられていますが、本当にそうなのでしょうか?

そんなところも含めてテレワークのメリットについて説明します。

在宅勤務できるところがメリット

これまでは多くの企業がオフィスへ出社して決められた時間の間で勤務してきました。でも、テレワークではそんな事をしなくても在宅で勤務ができるところがメリットです。

例えば、都内にあるオフィスへ出社のために毎日、埼玉県さいたま市から通勤して出社してたとしましょう。毎日何時間も電車に乗り苦痛に耐えながらの出社です。女性なら電車での痴漢などに怯えながら苦痛に耐えての出社がなくなります。

例えば、都内のオフィスへ出社するのに3時間もかかる田舎から毎日電車に乗り出社してたとしましょう。ある日、寝坊をして慌てて電車に乗り出社しようとしたが、通勤途中で諦めたなんてこともなくなります。

例えば、今日は少し体調がすぐれないけど、オフィスへ出社しなければならない大事な仕事があるという時でも、在宅勤務ならなんとか大丈夫です。重い病気なら無理でしょうけど、少し熱のある風邪や腹痛など無理をして出社してた程度の体調不良なら大丈夫です。

在宅勤務ってことのメリットの例えを話すとかなり長くなるほど、いろいろなパターンがあるでしょう。でも、在宅勤務なら通勤の苦痛から解放されるばかりか、多少の体調不良でも出社が出来るので今まで以上に仕事が早く終わることもあります。これはメリットだと思います。

会社の近くに住まなくても大丈夫なところがメリット

テレワークのメリットで凄いのは、都内など近くに住んでいなくても大丈夫だという事です。つまり、田舎暮らしに憧れているけど、今の会社を辞めたくはないって方でも、テレワークなら続けて勤務が出来ます。

例えば、大阪の会社に勤務してる方でも、極端な話ですが夏は北海道に住み、冬は沖縄に住むなんて事でもテレワークなら出来るということです。何も大阪市内に住む必要はありませんし、会社の寮に住む必要もなくなります。

地方に住んでる方でも東京都の会社へテレワークで仕事が出来るという事です。これなら、企業も近くに住んでる優秀な人材を確保するだけでなく、地方に目を向けて人材探しも出来ます。そんな企業側にもメリットはあります。

インターネット環境が整っていれば簡単に始められるところがメリット

テレワークを導入するのが難しいと考えてしまってる方も多いと思いますが、インターネット環境が整っていればすぐにでもテレワークの導入が出来ます。そういった手軽さもメリットのひとつです。

インターネット環境だけでなく、テレワークに必要な周辺機器やテレワークに使うと便利なツールの準備も必要です。ですが、周辺機器については既にパソコンに装備されてる場合もあります。

ツールについてもインターネットに接続出来れば簡単に入手できるツールですから大丈夫です。なので、難しく考える必要はありません。

まとめ

テレワークを導入するメリットは、これまでの常識を覆すことになります。毎日、何時間もかけて電車で通勤しオフィスで決められた時間内で働くという一定の常識だったものが変わろうとしています。

電車に詰め込まれて息苦しい中を苦痛に耐えながら通勤する必要もなくなりますし、その中で女性は痴漢に怯える必要もなくなります。オフィスの近くに住む必要もなく憧れていた田舎暮らしも実現ができます。

様々な枠にとらわれない働き方がこれから実現が出来るようになります。それがテレワークのメリットです。