テレワークの導入について

テレワークの導入

まだテレワークを導入されていない方にとっては、何をどうすればよいのかわからないって人が多いと思います。そこで、導入に関することを説明していきたいと思います。

インターネット回線

テレワークを始めるには、インターネット回線が必要です。既に自宅にインターネット回線を敷いている方は、それを利用すれば良いのですが、まだインターネット回線を敷いてないのであれば、この際にインターネットの契約をして下さい。

もしこれから契約をするなら、光回線が良いでしょう。大きなデータ容量を使うなら尚更です。離れた場所からならば、Wi-Fiを利用するのも良いですが有線LANの方が安定してインターネットが出来ます。

周辺機器

テレワークで便利な周辺機器があります。それはWebカメラです。パソコンに内蔵しているなら、それを使うべきですが内臓されていないなら、周辺機器として別途に用意する必要があるでしょう。

他には、マイクやスピーカーもテレワークには必須ですが、ほとんどのパソコンには内臓されています。ですが、クリアな音質で楽しむには、イヤホンマイクが別途必要になります。

テレワークに便利なツール

Microsoft365

マイクロソフトが提供するグループウェアツールがMicrosoft365です。これは大企業や法人向けに提供されているツールです。個人の方ならMicrosoft365Persnalがあります。

Microsoft365は、文章作成のWord、表計算のExcel、プレゼンテーションに必要なPowerPoint、オンラインストレージサービスのOneDriveもあります。他に、チャットやビデオ会議に便利なMicrosoft Teamsなどの多彩なアプリがあります。

Slack

パソコンの画面にテキスト文章を打ち込むことでコミュニケーションをすることが出来るチャットツールがSlackです。小規模向けのフリーは無料で使えますが、中小規模向けの企業に向けたスタンダードや大規模な企業向けのプラスは有料となっています。

メールなどでやり取りをすると時間がかかりますが、チャットなら簡素なコメントで対応が出来るため即にやり取りが出来ます。相手を待たせることなくコミュニケーションが取れるのが特徴です。

Zoom

テレワークで広く利用されているのがZoomです。パソコンなどの画面を通して、相手と対面してやり取りが出来るビデオ会議が出来るツールとなります。会議では、お互いの画面を共有できたり、共有カレンダーでスケジュールの確認や打ち合わせなどが出来ます。

まとめ

テレワークの導入となると何をしていいのかわからないと言う人や導入するには大変なんだろうと難しく考えてしまう方もいると思います。テレワークを導入するのは意外と簡単です。


テレワークをする場所にインターネット環境が整っているかが鍵となります。既に光回線が開設されているのであれば、開設されている光回線を利用しましょう。

あとは、テレワークに必要な周辺機器やツールを集めるだけで、すぐにでも始められます。