テレワークで在宅勤務ナビ

テレワークとは?!

テレワークとはどのような働き方なのでしょうか? 最近、災害や疫病が増え働き方が見直されるようになりました。それは、毎日オフィスへ出社し決められた時間通りに勤務する感じでした。残業があれば毎日でもこなす。

しかし、毎日オフィスへ出社出来ない状況になり在宅勤務が見直されテレワークされる方々が増えてます。テレワークは、毎日オフィスへ行かなくても離れた場所で、オフィスで働いていた時と同じように勤務できる勤務形態をいいます。

そのため、同じ都内や府内などにいなくても遠く離れた北海道や沖縄などからでもインターネット経由で連絡を取りながら在宅勤務することが出来るようになったのです。

参照するサイトはこちら⇒プロバイダー乗り換えおすすめナビ

テレワークと在宅勤務の違い

テレワークのひとつが在宅勤務なのです。オフィスへ出社しなくても自宅でインターネットを利用して勤務する形態の事を在宅勤務といいます。テレワークは大きな枠であって、そのひとつに在宅勤務がある感じです。

テレワークのメリット

緊急事態な状況でも普段通りに勤務できる

2020年に世界でコロナウイルスによる被害がありました。そのために在宅勤務する人が増えたのです。それがテレワークが増えた理由でもあります。緊急事態な状況であっても、普段毎日オフィスでやっていた勤務が出来るところが良いところでしょう。

災害などの場合なら日本国内の遠く離れた場所からでも、インターネット経由でテレワークが出来るのでオフィスで毎日やっていた勤務を継続して出来るところがメリットだと思います。

オンライン会議で複数人でもできる

緊急事態な状況でオフィスに出社出来なくても、テレワークを利用してオンライン会議をすることがメリットです。それは直接、会う事なく出来るので疫病などの時には役に立ちますし、遠く離れた場所でも出来るので災害の時でも普段通りの会議が出来るところがメリットです。

インターネット環境が整っていれば簡単に始められる

自宅にインターネット環境が整っていれば、誰でも簡単にツールなどをダウンロードする事で、テレワークを始めることが出来ます。その簡単に始められるところがテレワークが増えた理由なのかも知れません。

まだ、自宅にインターネット環境が整ってない方にアドバイスするなら、光回線が一番最適なインターネット環境になります。テレワークと言うと、無線などのWi-Fiを思い出す方も多いと思いますが、光回線ならば有線なので速い速度でインターネットが出来て、対応も速くなり便利です。

インターネット環境を整えるならこのサイト

プロバイダー乗り換えナビが参照できます。このサイトで紹介されている光回線でインターネット環境を整えられます。

テレワークのデメリット

セキュリティ対策が必須

会社の機密な情報を扱うために、セキュリティはとても重要であり対策は必須です。例えば、カフェなどでノートパソコンでテレワークをしていたら、隣の人に覗かれることだってあり得ます。これはマズい事ですね。

また、暗号化されてないWi-Fiスポットなら機密情報を盗まれる危険もあります。自宅でも家族と共有のパソコンでテレワークをしていたなら、家族に機密情報がばれて、大変なことになりかねないです。